タクシーの運転手の給料体系はどうなってるの?

タクシーの運転手は時給や固定給ではなくて、完全歩合給になっています。完全歩合給になっているので、自分が売り上げを上げないと給料を上げることが出来ない仕事です。そのために、地方よりも都会の方が良い給料を取得することが出来るでしょう。歩合給なので売り上げに対して何パーセントが給料になるかは会社によって異なりますが、ほとんどの会社が売り上げの50パーセントから60パーセントと言われています。初心者でも売り上げが高いと高収入を得ることが出来ますが、ベテランの運転手でも売り上げが低いと低給料になります。

タクシーの運転手は人との出会いが最も多い仕事です

タクシーの運転手は毎日多くの人を目的地まで送ることが仕事です。そのために一日で何組ものお客さんを乗せているために、最も多くの人と出会うキッカケがある仕事と言っても良いでしょう。お客さんも一人一人違うために一人一人に合った会話をするためにコミュニケーション力も求められています。タクシーの運転手は一日中運転をしているために本当に車の運転が好きな人じゃないと務まらない仕事です。しかし、一日中車を運転しているために腰痛になる運転手も多いのが現状です。

タクシーの運転手は夢のある仕事です

タクシーの運転手になるためには、普通自動車第二種免許証が必要になります。そのために、普通自動車第二種免許証を持っているということはプロの運転手として国が認めた証にもなるでしょう。運転のプロは事故は起こしてはいけませんが、道にも詳しくなければいけません。会社の運転手として経験を積むことで個人タクシーとして開業の道も開けるでしょう。個人タクシーとして開業することで自由な勤務体系で自分の都合に合わせて勤務することが可能です。

役員運転手になりたい場合、求められている条件がいくつか存在します。運転歴が長いこと、地理に詳しいこと、直近の事故歴、違反歴がないことなどです。