どの部屋で使用するのか考える

カーテン選びで迷ったら、まずはどの部屋で使用する物なのか考えましょう。例えば寝室であればリラックスできる色合いの物を選ぶ必要があるので、青や緑のカーテンを購入する必要があります。しかしリビングやダイニングは普段活動するスペースなので、元気が出る赤や黄色でも大丈夫です。それぞれの部屋が持つ特徴にぴったりな色合いがあるので、購入するときはどんな雰囲気の室内にしたいのか考えてから選ぶと失敗する可能性が低くなります。

部屋に置いてあるインテリアで決める

カーテンを選ぶときは、室内に置いてあるインテリアのイメージに合う色を選ぶことも大切です。室内のイメージを損なわない色のカーテンにする必要があるので、どんなアイテムを部屋に置きたいのか考えながら選ぶようにしてください。もしどんな色が良いのか分からない場合は白やベージュ、黒といった無難な色合いの物を選ぶと良いでしょう。目立たない色合いの物であればどんな部屋でも使うことができるので、考えるのが面倒だという人にもおすすめです。

カーテンに描かれた柄で選ぶ

どんな色が良いか決まったら、今度はカーテンの柄について考えます。一番無難なのは無地ですが、華やかな印象を与えたいなら花柄のカーテンを選びましょう。他にもチェックや水玉など様々な柄のカーテンがあるので、自分好みの物を探してみてください。カーテンの柄によって部屋の印象も変わるので、色合いと一緒に考えるようにするとおしゃれな室内にすることができます。大人っぽい室内にするために、あえて無地を選択することも可能です。

ひもカーテンはモダンな雰囲気を出せるアイテムとして広く人気があります。また、カーテン専門店でも取り揃えが増えてきています。