引越の片付けには人海戦術

引越の片付けを素早く終わらせてダンボールの山をなくしたいと考えたら、基本的には人海戦術が手っ取り早い方法です。とにかく一日や二日は集中してできるだけ多くの人で片付けを行いましょう。引越をしてからすぐに働かなければならないとなると片付けに携われる人が少なくなりがちです。そのときには人出を探すことも重要になります。どのような手段で人を集められるかも確認しておき、事前にお願いしておくことが賢明でしょう。

友人や同僚を頼って片付け

人海戦術を行うのに効果的な人の集め方として、引越先の近隣にいる知人をあたってみましょう。昔からの友人がたまたま近隣にいるときには予め連絡しておき、再開がてら片付けを手伝ってもらうのが良い方法です。そのようなつながりが見つからないという場合に役に立つのが同僚であり、仕事先の同僚に話をして手伝ってもらいましょう。作業を通してよく知り合うことができるため、新しい職場に入ってからつながりを作るのにも良い方法です。

業者に予め依頼する方法もある

知人や同僚にお願いするのがはばかられるのなら、業者に予め依頼しておくと手早く片付けができます。引越業者にそのまま開梱作業も依頼してしまえば手が足りないということはなくなるでしょう。基本的には場所を指示していけば良いだけであり、半日から一日程度で片付けを終えられます。また、引越業者よりも安く行うために便利屋に依頼して片付けを手伝ってもらうこともできるでしょう。費用は多少かかりますが、仕事だからと割り切ることができて依頼しやすいのが特徴です。

いらないもの、大きな家電などがある場合は不用品の回収をすれば、すぐに引き取ってもらえます。自分で運び出せないようなものはこのようなサービスを利用するととても便利です。